お金借りる場所

銀行カードローンでお金借りる※審査は厳しめだけど金利は安い!

銀行カードローンでお金を借りる方法

冠婚葬祭や引越し、海外旅行など多額のお金が必要になるシーンは多くありますよね。家族や友人からも借りることができず困っていませんか?

そんなときは銀行カードローンで解決できますよ。
お金借りることに抵抗がある方も、審査方法や金利についてを知っておけば不安も解消できます。

今回は銀行カードローンでお金借りる方法をご紹介します。

銀行カードローンってよく聞きますが、よくわからないんですよね

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、目的がなくても借り入れ可能な「フリーローン」です。カード1枚作っておけば、ATMからいつでも借り入れることができるのでとても便利。最近ではネットやアプリで利用するカードレスのものもありますよ。

補足ですが、銀行でお金借りると聞くと住宅ローンやマイカーローンを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。これらのローンは「目的ローン」と呼ばれ、住宅や車のためだけのローンで、目的がないと借りることができません。フリーローンよりも用途に制約がある分、高額を低金利で借入れることができます。

フリーローンというものがあるんですね!

銀行カードローンの審査は通りやすい?

銀行カードローンを利用するには、借入者の職業や収入、他社からの借り入れ状況などの審査に通らなくてはなりません。
収入が低い方や希望借入額が多い方は不安になってしまいますよね。審査について詳しく解説します。

銀行カードローンの審査は厳しい

各銀行の審査基準がありますが、同一なものとしては「安定した収入がある20歳以上」とされています。つまり、高所得者や正社員でなくても借り入れることは可能なところが多いです。アルバイトや派遣社員でも安定した収入があるならば審査を申し込めます。

しかし銀行側は返済されないことを恐れているため、借入者の返済能力もとても重要視しています。返済能力とは、借入者が確実に返済をしていくことができるのかを年収や雇用形態、信用情報などから厳重に判断する審査項目の1つです。

とはいえ、事前に審査が通るか否かの自己判断は難しいです。安定した収入がある20歳以上ならば、一度審査申込をしてみましょう。
審査に落ちただけでは信用情報に傷はつきませんのでご安心を。

1度審査に落ちても、もうどこからも借りられないというわけではないんですね!

審査の流れ

審査の流れでは審査の流れをみていきましょう。審査は「仮審査」と「本審査」の二段階に分けられるのですが、決して難しいものではありませんよ。

スコアリング(属性審査)

仮審査の1つ目として「スコアリング(属性審査)」があります。借入者が記入した内容を属性ごとに評価しスコアをつけていきます。
属性とは、年収や雇用形態、住宅など返済能力を判断するものです。これらは銀行独自のシステムを使い、出された合計点で返済能力の有無が決まります。

信用情報機関との照合

スコアリングが高い点数を得ていたとしても、信用情報の情報が好ましくない場合は仮審査を落とされてしまいます。

信用情報には、たとえば奨学金やスマホの分割払いのローンも載っています。しかし載っているからといって落とされるわけではなく、返済状況や残高を確認されます。このとき返済が滞っていると審査が通りにくくなってしまいます。

また過去5年以内に自己破産をした方は事故情報(ブラックリスト)として載っているため、必ず審査に落とされます。

信用情報ってとても細かく記録されているんですね

仮審査結果の通知

上記2項目の審査が終われば、銀行から電話やメールで通知が届きます。記載されている手順に沿って本審査へ進みます。

本審査へ進む

本審査はシステムではなく担当者が審査します。申込内容に加え、提出した本人確認書類や収入証明書類を確認し、申告内容と矛盾がないか目視でおこないます。

各書類として認められるものの例は下記の通り。

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・在留カード

【収入証明書類として認められるもの】
・源泉徴収書
・確定申告書
・所得証明書

この際に不備や問題があった場合、担当者から連絡が入りますが焦らなくて大丈夫。担当者からの質問にきちんと正確に答えましょう。

在籍確認

最後に在籍確認がおこなわれます。在籍確認とは、借入者が申込時に記入した会社で本当に働いているのか、会社に電話をして確認をとる審査項目の1つです。

それでは会社の人間に気づかれてしまわないか心配ですよね。担当者は銀行名ではなく個人名のみを名乗ってくれるのでその点は安心してください。

また、電話当日に不在の場合もありますよね。仮に担当者を鈴木さん、申込者を山田さんとするならば…

『鈴木と申しますが、山田さんはいらっしゃいますか』
「山田は席を外しております」

このように山田さんに代われなくとも、申込者が働いていることが分かれば、在籍確認は完了です。

本審査結果の連絡がくる

無事に在籍確認まで終われば、あとは本審査の連絡を待つのみです。こちらも電話やメールで通知がきます。通過したならば、手続きに沿って借り入れをしましょう。

在籍確認は本人が出ないといけないんだと思っていました!

銀行カードローンは即日融資ができる?

行カードローン銀は申込から審査までの日数は早くて2日、遅くて10日ほどかかるため、残念ながら即日融資はできません。以前は銀行カードローンも即日融資が可能でしたが、2018年より金融庁の判断によりできなくなりました。

これは法律が関わっています。消費者金融は貸金業法により「貸付は年収の1/3」とされていますが、銀行は銀行法が適用されるので、このような融資の限度がありません。
そのため、返済能力以上の貸付をおこなってしまい、世間に自己破産者が増える現状に陥っていました。
そこで金融庁から警告され、銀行側も自主規制として借入者をしっかりと調べ、適した額を融資するようになったのです。

さらに、某メガバンクが反社会勢力に融資をしていた事件も過去にあったことから、申込者の情報を警視庁のデータベースと照らし合わせるように義務付けました。このことも日数がかかる要因です。

つまり、銀行カードローンを利用するならば、10日ほどの余裕をもって申し込みましょう。

だいぶ時間がかかるんですね…計画的な申込みが必要ですね!

銀行カードローンの審査落ちた理由とは

銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、どのような理由が考えられるでしょうか。これから審査を受ける方も参考にしてみてください。

総量規制の範囲を超えていないか

総量規制とは、先ほど少しお話したように「貸付は年収の1/3」とされている貸金業法に当てはまるもの。銀行の銀行法には当てはまらず、銀行カードローンは法律上いくら融資しても違法にはなりません。

しかし2018年からの自主規制により、銀行側も総量規則のように年収の1/3以内、最高でも1/2までとしているところが多くなっています。

無職や返済できる安定した収入がない

審査では「返済能力」を重視しているため、無職や安定した収入がない場合は落とされてしまいます。また勤務年数が短すぎる場合は収入が安定ていないと判断され、銀行の信頼を獲得できません。
年収が高い見込みがあっても、安定していない場合は厳しいといえるでしょう。

信用情報機関に載っている

信用情報機関に事故情報が載っている、いわゆるブラックリストに載っているならば、どんな理由であろうとも落とされてしまいます。
返済を完了していても、一度ブラックリストに載ってしまえば5年〜10年は消えることがありません。

事故情報は長年影響するんですね…

内容を偽装している

融資を受けたいがために、年収や会社、家族構成など嘘をついてはいけません。書類と照らし合わせれば一目で分かります。それに相手はプロなので、職業や勤務年数からおおよその検討はつきます。

当然、銀行からの信頼は失い、審査は落とされてしまいます。本来の年収でも通過できたのにも関わらず、偽装したせいで落ちてしまっては意味がありません。正しく記入しましょう。

保証会社への審査が通らなった

銀行カードローンは保証人をつけずに借り入れることができますが、返済ができなくなった場合に銀行側は損失をしてしまいます。

そこでほとんどの銀行カードローンは消費者金融(アコムやプロミスなど)を保証会社としてつけています。消費者金融はどのようにお金を回収すればよいか、長年のノウハウがあり融資に詳しいのです。

銀行によりつけている保証会社が変わります。

保証会社 銀行
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ジャパンネット銀行・三井住友銀行 など
アコム 三菱UFJ銀行・じぶん銀行・ソニー銀行 など

たとえば、ジャパンネット銀行の審査に落ちてしまったとしましょう。しかしブラックリストにも載っていないし偽装もしていない…。その場合、保証会社独自のスコアリングに落ちだだけかもしれません。
ならば三菱UFJ銀行を受けてみましょう。保証会社が違うので、通過する可能性もありますよ。

保証会社の違いでも変わってくるんですね

銀行カードローンの金利のしくみとは?なぜ安い?

銀行カードローンは金利が安い
借り入れをする際に一番気になるのが金利ですよね。金利の知識が少ないと返済に頭を抱えてしまいますし、できるだけ低金利にしたいところです。

以下より「利息」が出てきますが、利息とはお金貸す側が受け取るもの。
反対に「利子」とはお金を借りる側が支払うもの。立場により単語が違いますが、双方の間にあるものは同じお金です。

では詳しくみていきましょう。

金利とは

金利とは、借入額にプラスされる利息の利率のことをさします。金利には「単利」と「複利」の2種類があります。単利の方が利息が変わらず低金利です。
例をあげて解説していきますね。

例:借入額が100万円、金利を10%とします。本来は1か月ごとに返済をしていきますが、説明を分かりやすくするために、借入額100万は変えずに表します。
このとき1か月にかかる利息は8,220円です。

利息=元金(100万円)×金利(10%)÷365日×30日

【単利】元金は変わらないため理想額も変動しない

元金 利息額 1か月目利子との差額
1か月目 100万円 8,220円
2か月目 100万円 8,220円 0円
3か月目 100万円 8,220円 0円

【複利】元金が変動するため利息額が上がる

元金 利息額 1か月目利子との差額
1か月目 100万円 8,220円
2か月目 100万8,220円 8,287円 57円
3か月目 101万6,507円 8,355円 134円

このように複利の2年目以降は、元金に前年の利息額をプラスされ、その元金をもとに利息が計算されます。借入期間が長いほど返済額が膨れ上がっていくのです。

投資をするならば複利の方が利益がでますが、借金の場合は単利を選びましょう。なお、銀行カードローンも消費者金融も原則「単利のみ」を提供しているのでご安心くださいね。

複利は絶対に避けたいですね…

金利の上限「利息制限法」

金利に上限を設けた「利息制限法」があります。これは銀行だろうと消費者金融だろうとカードローンならば当てはまります。利息に制限を設けることにより、法律が消費者を守ってくれているのです。

金利の上限は以下の通り。

借入額 金利上限
10万円未満 20.0%
10万円以上〜100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

つまり、100万円以上借りたときに金利が20%になることは絶対にありえません。違法な金利を要求してくるカードローンは闇金の可能性が高いので絶対に借りてはいけません。

金利には上限があるんですね!安心しました…

金利の範囲が広い

銀行カードローン金利の設定はそれぞれですが「2.0%~14.0%」や「4.0%〜14.5%」など範囲が広いものが多いです。利息制限法により、借入額によって金利を変更しなくてはならないためにこのような範囲があるのですが、そのほかにも理由があります。

できることならば、最低金利で借り入れたいですよね。金利が低く受けられる条件は下記のことが考えられます。

・借入額が多い
・信用がある(優良顧客)

これらは範囲が設けられている理由にも繋がります。
カードローンは銀行側の商品であるため、借入額が高かったり利用の多い顧客には低金利を設定し優遇できるようにしているのです。銀行の経営戦略ですね。

ならば、多く借り入れた方がお得にも思えますが、その銀行での信頼がない初心者の方は多くを借り入れることができません。つまり、その銀行カードローンが初めてならば低金利で受けることは難しいのです。

利息の算出方法

「金利とは」の項目で先に計算式を使用しましたが、詳しくご説明しますね。

銀行カードローンの利息計算は「元金×金利÷365日×借入日数」で算出することができます。そしてこの計算をもとに、多くの銀行カードローンは「残高スライド元利定額リボルビング方式」という返済方式をとっています。

金利を知る上で合わせて覚えておくと、銀行カードローンを理解しやすいのでご紹介します。

残高スライド元利定額リボルビング方式

これは最終返済月以外は毎月返済額が一定というもの。残高により利息が変動します。

たとえば10万円を借り、月1万円返済するとすれば

回数 返済額 元金の返済
(返済額の内訳)
利息
(返済額の内訳)
残高
1回目 1万円 9,167円 833円 9万833円
2回目 1万円 9,244円 756円 8万1,589円
3回目 1万円 9,321円 697円 7万2,268円
(中略)
11回目 4,853円 4,813円 40円 0円

元金は増えていきますが、利息は減っていますね。この手順は以下の通り。

1:返済額を決める。銀行により最低返済額が違うので、その範囲で決めます。
2:2回目以降の利息は、前回の残高により算出。
3:算出された利息を、返済額から引いたものが元金。

よって、最後以外は返済額が一定のため毎月の計画が立てやすいのがメリットです。しかし、返済期間が長引き総合的に利息が増えてしまうデメリットも存在します。
金銭的な余裕が生まれたら、返済額をあげるなどコントロールが必要です。

すごい!この返済方法はとても助かります!

銀行カードローンおすすめ9選

地方銀行でもカードローンは存在しますが、多くの方にご案内できるように「都市銀行(メガバンク)」と「ネット銀行」から厳選しました。消費者金融と比べた場合、上限金利が低めですが、前述したように初めての利用ならば一番高い金利で見積もっておきましょう。

都市銀行

都市銀行の中でも大手といわれるメガバンク3社をご紹介。莫大な資産や規模なため、地方銀行に比べると倒産することも考えにくいので安心です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行
以下2つの都市銀行は「銀行」でのカードローンを受け付けていません。しかし、みずほ銀行は直接申し込むことができるので、分からないことはすぐに相談できますね。

借入額 10万円〜800万円
金利 2.0%〜14.0%
※住宅ローンの場合は1.5%〜13.5%
保証会社 オリエントコーポレーション株式会社
申込方法 ・WEB・銀行・電話
・郵送(みずほ銀行の口座を持っている方のみ)
口座 みずほ銀行の口座がなくても、申し込みと同時に開設可能。
急ぎの場合は、銀行で直接おこなった方が早くできる。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、WEBで完結。郵送もいらず全てネットでできます。
下記の三菱UFJ銀行もWEB完結ができますが、三井住友銀行の方が上限金利が0.1%低いです。

借入額 10万円〜800万円
金利 4.0%〜14.5%
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
申込方法 WEB・ローン契約機・電話
口座 三井住友銀行の普通預金口座がなくても、提携するコンビニATMから借入返済が可能。
しかしWEB完結をするならば、SMBCダイレクト口座の開設が必要。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行
こちらも三井住友銀行と同じくWEB完結ができるので便利です。三井住友銀行よりも上限金利が0.1%高いですが、口座を作らなくてもWEB完結ができるので、手間が少ないのは三菱UFJ銀行です。

借入額 10万円〜500万円
金利 1.8%〜14.6%
保証会社 アコム株式会社
申込方法 WEB・ローン契約機・電話
口座 口座がなくても、提携するコンビニATMから借入返済が可能。

ネット銀行

ネット銀行は24時間365日対応していて利便性が非常に高いです。さらに店舗を構えていないため、店舗運営費を抑えられます。そのためATM手数料が安くでき、利用者にもメリットが多いのです。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行
三菱UFJ銀行とKDDI(au)が共同開発した「じぶん銀行」のカードローン。auの携帯やネットなどを契約しており、「au ID」を持っている方は金利が優遇されるのでおすすめです。

借入額 10万円〜800万円
金利 2.2%〜17.5%
保証会社 アコム株式会社
申込方法 WEB
口座 申し込みと同時に開設。
三菱UFJ銀行ダイレクトを契約中ならば、情報を連携し早く開設することができる。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行
オリックス株式会社は、野球では「オリックス・バファローズ」、全国には「オリックスレンタカー」として車のレンタルサービスを展開している有名な会社です。そのグループの1つとして「オリックス銀行」があるのです。

口座開設は不要で、提携するATMから利用できます。さらに月々は7,000円から返済ができるので無理なく借りることができそうですね。

借入額 10万円〜800万円
金利 1.7%〜17.8%
保証会社 オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
申込方法 WEB
口座 申し込みと同時に開設。
三菱UFJ銀行ダイレクトを契約中ならば、情報を連携し早く開設することができる。

保証会社が複数ある場合は、それぞれの保証会社がスコアリングをし、優位になる方で契約をします。自ら保証会社を選ぶことはできません。

JCBカードローン「FAITH」

JCB
月に数万円のキャッシングもよくする方におすすめ。多額のローンは50万円からですが、月5万円までならば金利が5%と確定しています。ただし翌月に一括返済をしなくてはいけないので注意。

借入額 5万円まで(一括払い)
50万~500万円(リボ払い)
金利 5%(一括払い)
4.4%~12.5%(リボ払い)
保証会社 なし(自社でおこなっている)
申込方法 WEB・電話
口座 提携するコンビニATMや銀行口座より借入返済が可能。

楽天銀行カードローン

楽天銀行
日頃から楽天を利用しているならば、ぜひカードローンも楽天にすることをおすすめします。ショッピングやモバイルなどその他サービスの利用件数や額で決まる「楽天会員ランク」というものがあり、このランクが高いほど審査が優遇されます。

借入額 10万円〜800万円
金利 1.9%~14.5%
保証会社 楽天カード株式会社(グループ会社)
申込方法 WEB
口座 楽天口座や提携するコンビニATM、他行の口座もOK。

イオン銀行カードローン

イオン銀行
イオンカードローンの借入額は10万円からにも関わらず、上限金利は13.8%と低金利。
また、配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)の方も申し込みができますよ!

借入額 10万円〜800万円
金利 3.8%~13.8%
保証会社 イオン・クレジット株式会社
オリックス・クレジット株式会社
申込方法 WEB・店舗
口座 イオン銀行ATMや普通口座で借入返済ができる。
提携するコンビニ、他行の銀行のATMも可能。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行
こちらもイオン銀行と同じく、専業主婦(主夫)でも借り入れが可能です。口座が必須になりますが、上限金利はイオン銀行と同じ。保証会社は違うので、もしイオン銀行の審査に落ちてしまったときには、ソニー銀行で再挑戦してみてくださいね。

借入額 10万円〜800万円
金利 2.5%~13.8%
保証会社 アコム株式会社
申込方法 WEB
口座 必須。申し込みと同時に開設可能。

まとめ 銀行カードローンは低金利でお金借りることができる

今回は「銀行カードローンでお金借りる※即日で借りられるおすすめは?」についてご説明しました。

銀行カードローンは自主規制をおこない、警視庁のデータベースを照合するために即日で借り入れることはできません。消費者金融では即日が可能ですが、金利が高いものが多いです。
銀行カードローンならば低金利で借りることができるので、返済に苦しむことなく計画的に返済できますね。

カードローンは決して怖いものではありません。生活費だけでなく、海外旅行や趣味にも使用することができるフリーローンです。審査方法や金利をしっかりと学び計画性をもっていれば、ローンを組むことで人生を潤してくれるのです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

カードローンのイメージが変わりました!もう少し審査方法や金利を勉強してみようと思います!