ふわっち

ふわっちのたぬきとは?使い方とメリットデメリット・アンチコメントの特定は可能?

ふわっちのたぬきとは?使い方とメリットデメリット・アンチコメントの特定は可能?

「ふわっちのたぬきって何?」

そんな方のために、ふわっちのたぬき機能について説明します。

あんな
あんな
たぬきとは、ふわっちで利用できる無料アイテムの1つで、匿名コメントができるしくみです。

匿名コメントを使うことで、配信者もリスナー側もメリットがあります。

今回はふわっちのたぬきの概要や使い方、そしてメリット・デメリット、注意点までご説明しちゃいますよ♪

ふわっち初心者でたぬきが何か分からないって人は、最後まで読んでみてくださいね。

高収入バイト女子あんな高収入女子あんなのプロフィール

都内でOLをしながら高収入と呼ばれるお仕事を一通りこなしているアラサー女子です。

家が貧乏だったので大学時代から夜の世界に足を踏み入れ今はキャバクラ派遣・ギャラ飲み・パパ活・チャットレディ・ライブ配信などしています。

私のプロフィールについてはあんなのプロフィールで詳しく書いています♪

ふわっちの”たぬき”って何?

ふわっちの”たぬき”って何?
ふわっちの”たぬき”って何?

ふわっちを利用していると”たぬき”って言葉をよく耳にしますよね。

たぬきとは、配信スタイルのことで、匿名でコメントが打てる仕組みのことです。
通常ふわっちの配信は、コメントを打つと自分のIDとユーザー名が表示されます。

しかし、中には「名前が出たらコメントしづらい」と思う人もいるんです。ふわっちが流行ったのは、この匿名コメント制度があるからとも言われています。

生配信サイトの中で、匿名コメントができる仕組みを持っているのは、ニコニコ生放送だけでした。
ふわっちはリリースされた時にこの匿名を取り入れて、気軽にコメントできるようにしたんです。

ふわっちのたぬきとキツネとの違い

ふわっちにはキツネ、という匿名コメント制度もあります。

配信者がキツネ枠に設定していると、全てのコメントが強制的に匿名になり、自分のユーザー名は一切わかりません。
しかしたぬきは、ユーザーがアイテムを使って、自分のコメントと匿名にするか選べます。

リスナーの中には「名前を呼んでコメントを読んでもらいたい、認知してもらいたい」人がいるんです。
キツネは強制的に匿名になっちゃうので、認知してもらいたい派のリスナーにとっては使いづらいんですよね。

そのため配信者は、リスナーが任意で匿名コメを選べるたぬき枠を選ぶことが多いです。

捕捉:雑談たぬきは配信者の噂を書き込む掲示板

ちなみに、ふわっち・たぬきと検索すると、雑談たぬきというサイトが出てきます。
これはもともとビジュアル系バンドのファンやアンチが集まる掲示板でした。今はYoutuberとか、配信者のアンチが集って皆で悪口を言ったり、個人情報を特定する恐ろしい掲示板になっています。

昔で言う2ちゃんねる的なものですので、ふわっちとは無関係です!

ふわっちの”たぬき”の使い方

ふわっちの”たぬき”の使い方
たぬきを使いたいけど、どうやって使えば良いの?という人もいるかも知れませんね。

まず前提として、たぬきを使えるのは、配信者が”たぬき枠”を選んでいる時だけです。

配信者側として利用する際、またリスナーとしてたぬきを選ぶ方法を紹介しますね。

配信する場合は”たぬき枠”を選択する

まずあなたが配信をする場合は、配信を始める前に枠の設定でたぬきを選ぶ必要があります。

配信ボタンを押したら、配信スタイルの欄を開きましょう。

ふわっち配信スタイル

追加するをタップすると、以下の画面が表示されます。

ふわっち たぬき

配信スタイルが出てくるのですが、一番下にたぬきがありますね。
これをONにするだけで、リスナーが匿名コメントを選べるようになります。

ちなみにたぬき枠はキツネ・ペンギン(投げ銭を受け取らない枠)と併用できませんので注意してくださいね。

配信を開始すれば、自動的にたぬき枠が始まり、リスナーが匿名でコメントしてくれます。

視聴する場合は、アイテム欄から”たぬきの葉っぱ”を選択する

リスナー側でたぬきを使う方法を説明します。

ふわっち たぬきの葉っぱ

まず配信一覧画面を開くと、たぬき枠にはたぬきのマークがついています。
このマークがついている枠では、匿名でコメントできますよ。

また、ふわっち上部にタブがあり、そこで配信スタイルを選べます。メニューからジャンルを設定できるので、たぬきにチェックを入れておくと、タブでたぬき枠だけを絞り込むこともできますよ。

ふわっち カテゴリの編集

さて、実際に枠でたぬきにする方法を紹介しますね。

ふわっち ギフト

枠を開いたら一番下にある、プレゼントのマークのギフトを開きます。

ふわっち たぬきの葉っぱ

アイテム一覧から、たぬきを選んでください。
たぬきの葉っぱは無料で、無限に使えます!

匿名コメントを打ちたい人は、これをタップするだけで、コメントが匿名になりますよ。

ふわっち 匿名

生IDの人はモザイクをかけましたが、ほとんどの方がたぬきになっていますね。
コメントを打った順に、1号・2号と名前がついていく仕組みです。

ふわっちで匿名コメントを使うメリットとデメリット

ふわっちで匿名コメントを使うメリットとデメリット
ふわっちのうりは匿名コメントです!ただ、迂闊に利用すると、配信者にはデメリットがあります。
配信者側とリスナー側のメリット・デメリットを紹介しますね。

配信者がたぬきにするメリット

配信者が枠をたぬきに設定するメリットは2つあります。

  1. リスナー数が稼ぎやすい
  2. 面白いコメントが増える

1つずつ説明していきますね。

リスナー数・コメント数が稼ぎやすい

たぬき枠は、初めての人でもコメントしやすいので、リスナー数が稼ぎやすいです。常連さんや認知されたい人は普通にIDありでコメントすれば良いし、匿名にしたい人はたぬきを選べます。

気軽にコメントができるから、通常枠(生IDでコメントするタイプ)よりもリスナーは集めやすいですよ。

リスナーが集まっている枠は上位表示されやすくなり、また閲覧数につられて新規さんも集まってきます。
コメントがないと喋りづらいという人は、たぬきを選びましょう。
面白いコメントが増える
普通枠だと皆さん遠慮するのか、控えめなコメントが多いです。
いわゆるキラコメというやつで、「可愛い〜」とか言われても正直反応に困りますよね。

しかしたぬきだと、遠慮なくコメントしてくれるので、結構面白いコメントがあるんですよ。例えば私が配信している時だと、「友近ですか?」と急にコメントされて、面白かったです(笑)
悪口スレスレですが、笑えるコメントも増えるので、喋りやすくなります。

配信者がたぬきにするデメリット

たぬきにはメリットがありますが、メンタル弱めの人には向かないかも。その理由を教えますね。

卑猥・誹謗中傷が増える

匿名コメントの恐ろしいところは、誹謗中傷や普段言わないことが簡単に言えちゃうことです。
例えば急に「足の裏を見せてください」と言うコメントが入ってきて戸惑ったことがあります。
要は足フェチの人だったんですけど…。あとは「脱げ」とか「db(デブのこと 今はNGワードかな?)」とか言われたこともありますよ。

匿名だから皆強気で、卑猥なことを言われる、中傷されることも増えます。

ブロックしても枠を切ったらブロック解除されてしまう

たぬき枠を使っていると、荒らしや誹謗中傷が増えます。もちろんブロックはできるんですが、その枠を開いている間だけ有効なブロックです。つまり枠を切った後に解除され、また次の枠でそのユーザーが誹謗中傷してくる可能性があります。

完全にブロックができないので、アンチリスナーに粘着されることがあるでしょう。

リスナーがたぬきにするメリット

ふわっちのリスナーはたぬき枠が好きです、その理由を2つ説明します。

  1. コメントしやすい
  2. 密かに叩きコメントも打てる

コメントしやすい

リスナーさんがたぬきを使うメリットは、コメントしやすさ。
たぬき枠で自分の名前が表示されないので、シャイなあなたもコメしやすいです。あまり一人の配信者の枠でコメントしていると、目立ってしまって、叩かれることがあります。
ネットの人たちは、目立つリスナーを嫌うので、リスナー同士で叩き合ったり、それこそ雑談たぬきに「〇〇(配信者)の枠にくる△△ってリスナーうざい」と言われることもあるんです。
たぬきなら、リスナー同士では特定ができないので、目立ちません。

密かに叩きコメントも打てる

いつも応援している配信者に、たまには不満も生まれますよね。
ふわっちでよくあるのが、常連や囲いと言われる熱烈なファンが、たぬきでアンチコメを打っている現象。
たまにたぬきを付け忘れて、生IDでアンチコメを打って、配信者にバレるなんてことがあります。

好きな配信者にも、たまには不満をぶつけたい時がありますよね。中傷はダメですが、そんな時にたぬきは便利なんです。

リスナーがたぬきにするデメリット

リスナーがたぬきを利用すると、3つのデメリットがあります。

配信者に名前を呼んでもらえない

まずたぬきは”たぬき◯号”と言う名前になってしまうので、配信者に名前を呼んでもらえません。
認知されたい人や交流を望んでいる人は、メリットがないんですね。

付け忘れると恥ずかしい

また、先ほどメリットでも紹介しましたが、たぬきを付け忘れると恥をかくことがあります。
いつもは優しいコメントをしているのに、急にたぬきで強気なコメントや卑猥なコメントを打っているのがバレるからです。
特に常連さんの場合は、他のリスナーから認知されてるので、「〇〇(あなたのユーザー名)が〜って言ってたぞ!」とチクられたりします。

たぬきコメントは特定できる場合がある

たぬきだから100%匿名になるとは限りません。あなたがフォローしている配信者の枠でたぬきコメをした場合、アイテム一覧から、誰がたぬきを使ったか見えることがあります。
そのため、常連なのにたぬきを使ってアンチコメントを打っていた、と言うのは配信者にはバレるんです。

配信者がふわっちのたぬきを使って稼ぐコツ

配信者がふわっちのたぬきを使って稼ぐコツ
たぬきコメントは人気があるので、配信者はうまく取り入れるべきだと思います!
その理由を3つ解説しますね。

デイリーを取りたい時はたぬきがオススメ

ふわっちにはデイリーランキングと言って、1日のリスナー・コメント・アイテム数のランキングがあります。
デイリー1位になると、1万ポイント(1万円)がプレゼントされるんです。

デイリーはコメント数が多い方が有利なので、たぬき枠を選ぶのがオススメです。キツネ枠でも良いのですが、キツネ枠は完全匿名なので、常連さんがアイテムを投げてくれなかったり、認知してくれないから、とコメントしない可能性があります。

匿名かどうか自由に選べるたぬきなら、常連さんも新規さんも来てくれますよ。

イベント参加時の追い込みにはたぬき枠がオススメ

また、ふわっちでは定期的にイベントが開催されます。イベントで上位に入りたい、稼ぎたい人はたぬきがオススメです。

元々ふわっちは有料アイテムは匿名で投げられます。通常枠でも、花火などを投げる際は匿名を選べるんです。

なぜあえてたぬきにするかというと、コメント数が増える=上位表示される=リスナーが集まりやすいから。
また、リスナー数が増えると、配信一覧で「この配信人が多いな、行ってみよう」と興味を誘います。

新規さんがぶらっと立ち寄ってアイテムを投げてくれることもあるので、イベント追い込みにはたぬき枠がオススメです。

アンチコメにもうまく対応するとファンが増える

たぬき枠にすると、確かにアンチコメまがいのコメントも増えます。しかし、ふわっちはアンチコメントにうまく対応してこそ!と私は思うんです。

なぜリスナーが匿名でコメントしたいか?際どいコメントをして、かまってもらいたいからです。
特にコメントしてくるアンチは、あなたに興味があります。そのため、うまく対応すればあなたのファンになる可能性もあるんですよ。
多少のいじりコメには面白く返して、あなたのファンを増やせます。

ふわっちは誹謗中傷に厳しい!たぬきの注意点

ふわっちは誹謗中傷に厳しい!たぬきの注意点
ふわっちは元々匿名コメントが売りなので、1年前くらいまでは無法地帯でした。誹謗中傷も多かったし、配信者もモラルが低い人がたくさんいたんです。
しかし最近は、ふわっちも規制を厳しくしています。特に誹謗中傷コメントにはかなり厳しいので、たぬきだからとやりすぎないようにしましょう。

メンタルが弱い人は利用しないで

まず配信者の方で、メンタルが弱い人は通常枠にしましょう。たぬき枠は結構きついコメントも来るので、配信自体が嫌になるかも。

例えば私がメイク枠をしていたら、急にたぬきで「お前の化粧に誰が興味あるんだよ」と言われたことがあります。

さりげなく傷つきました(笑)

私はメンタルは強い方なので平気ですが、傷つきやすい人は利用しない方が良いでしょう。

誹謗中傷コメントはBAN対象になる

リスナーさんも注意してくださいね。たぬきだからと言って、誹謗中傷コメントを打ってはいけません。
運営側は全てのデータを管理できるので、その気になればコメントをBANできます。
またふわっちはAI判定という仕組みを使っていて、NGコメントは排除される仕組みです。つまり、4ね(死ねって意味)などを連投していると、あなたのアカウントはコメントBANと言って、コメントができなくなってしまいます。

たぬきを使っても一時的にブロックされる可能性がある

たぬきだから大丈夫と思って調子に乗ってると、配信者からブロックされます。ブロックされると、その枠の間はその配信が見られないし、コメもできません。

配信者を不快にさせるようなコメントはやめましょう。

過度中傷コメントは開示請求されることもある

個人情報を特定してコメントで打つ、または傷つけるような言葉を言うのは禁止行為です。配信者があなたを訴えようと思えば、開示請求をして訴訟の対象にもできます。特に最近はネットの誹謗中傷への意識が高いので、コメントは節度を持ってしましょうね。

まとめ

節度を守ることは忘れないように
今回はふわっちの匿名コメント機能の1つ、たぬきについて説明しました。たぬきは匿名を自由にリスナーが選べるシステムで、ふわっちの中では最も支持率が高いシステム。
匿名なので普段はコメントできない人に話しかけたりできます。

配信者側もリスナーやコメントが増えると、新規さんが来やすくなるのでメリットはたくさん。
しかし、誹謗中傷が増えるなどのデメリットもあるので、使用する際は注意も必要です!
ふわっちのたぬき利用は便利で楽しいけど、節度を守ることは忘れないようにしましょう。